観音様

お経

【観音経とは】観音経のすごい効果(功徳)と意味!「偈文」全文をご紹介!

こんにちは、管理人の凛です。

観音様、というと十一面観音、如意輪観音、水月観音など、馴染み深い観音様がいくつか思い浮かびます。今回は、人間の強い味方である観音様のことが書かれている「観音経」についてご紹介しますね。

観音経とは観音様パワーを説明したお経のこと

「観音経」とは「妙法蓮華経(法華経)」の中にある「観世音菩薩普門品第二十五」のことです。お経とはそもそもお釈迦様(ブッダ)が弟子に教えを解説する「ブッダの言葉」のことですが、「観音経」では衆生を救うために大活躍する観音様のパワーについてお釈迦様が解説しています。

3300巻の観音経の読経が1500人の中学生の命を救った話

お経は唱えたり、読んだり、写経したりすると「功徳」(効果)が自分にもたらされるとされます。簡単に言えば「願いが叶う」わけですが、有名な話は

比叡山延暦寺の座主であった故山田恵諦師のエピソードです。

ちょっと昔の話になりますが、山田恵諦師は、第二次世界大戦中に祈祷僧(戦地で軍隊のために観音経を唱える役目の僧侶)として沖縄に派遣されていたそうです。任務が終わって、本土に帰ることになりましたが、帰りは、沖縄の中学生の男女1500人を乗せた船に一緒に乗って帰ることになりました。

その頃の航海は、爆撃される危険が高く、無事に本土に着く希望はほとんどありませんでした。自分はともかく、若者が犠牲になることに山田師はとても心を痛めました。

その時、山田師は、観音経を念ずることで沈没を防げるという考えに至ります。そこで、乗船までの25日間、飲まず食わずで1日に75巻の観音経を唱え、それまでの読経と合わせて3300巻の観音経の読経を済ませたそうです。

乗船後もずっと観音経を読み続け、船は無事に本土に着くことができました。観音経を唱えていた25日間は毎日3時間睡眠だったそうですから、大変なものですよね。

観音経「偈文」全文の読み方と意味を紹介

観音経

観音経は般若心経の次にポピュラーなお経ですが、本格的に読むと3500文字以上あります。般若心経は262文字ですから、その長さがわかりますね。初心者は観音経のエッセンスでもある「偈文(げもん)」からチャレンジするとよいでしょう。

ここからは、観音経偈文の全文を、その意味と共にご紹介します。

爾時無盡意菩薩 則従座起 偏袒右肩 合掌向仏 而作是言

にじむじんにぼさつ そくじゅうざき へんだんうけん がっしょうこうぶつ にさくぜごん

お釈迦様が第二十五品を説こうとしたその時、弟子達の中から求道心に長けた無盡意(むじんに)菩薩が立ち上がり、合唱しながらお釈迦様に向かってこう言いました。

世尊 観世音菩薩以何因縁 名観世音

せそん かんぜおんぼさついがいんねん みょうかんぜおん

「お釈迦様。観世音菩薩は、どういうわけで観世音菩薩という名前がつけられているのでございましょうか」

仏告無盡意菩薩 善男子 若有無量百千万億衆生 受諸苦悩 聞是観世音菩薩

一心称名 観世音菩薩 即時観其音声 皆得解脱

ぶつごうむじんにぼさつ ぜんなんし にゃくうむりょうひゃくせんまんおくしゅじょう じゅしょくのう もんぜかんぜおんぼさつ いっしんしょうみょう かんぜおんぼさつ そくじかんごおんじょう かいとくげだつ

するとお釈迦様は

「世界には数え切れないほどの人がいて、様々な苦しい目にあっています。そんな時、観世音菩薩の偉大さを知り、一心にその名を唱えれば、苦難から救ってくれます。つまり、世界の声(音)を察する(観ずる)という意味で、『観世音』と名付けられたのです」

と語りました。

若有持是観世音菩薩名者 設入大火 火不能焼 由是菩薩威神力故

にゃくうじぜかんぜおんぼさつみょうしゃ せつにゅうだいか かふのうしょう ゆぜぼさついじんりきこ

お釈迦様は続けて

「観世音菩薩の名を忘れない人は、たとえ燃え盛る火の中に入ったとしても、焼かれることはありません。それはこの菩薩が持つ不思議な力のお陰なのです」

若為大水所漂 称其名号 即得浅処

じゃくいだいすいしょひょう しょうごみょうごう そくとくせんしょ

「もし、大洪水に襲われても、観音の名を称えたならば、たちまち浅い所に逃れられます」

若有百千万億衆生 為求金銀 瑠璃 車渠 瑪瑙 珊瑚 琥珀 真珠等宝

にゃくうひゃくせんまんおくしゅじょう いぐこんごん るり しゃこ めのう さんご こはく しんじゅとうほう

「もし、世界の人々が、金、銀、瑠璃、硨磲(しゃこ)、瑪瑙(めのう)、珊瑚、琥珀、真珠、等など、海の宝を求めるとします」

入於大海 仮使黒風 吹其船舫 飄堕羅刹鬼国 其中若有 乃至一人 称観世音菩薩名者 是諸人 皆得解脱羅刹之難

にゅうおだいかい けしこくふう すいごせんぼう ひょうだらせつきこく ごちゅうにゃくう ないしいちにん しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ ぜしょにんとう かいとくげだつ らせつしなん

「大海を渡っている最中に、突然起きた暴風雨によって船が漂流し、人を喰らう羅刹鬼の国にたどり着いたとしても、船内に一人でも観音菩薩の名前を称えていれば、乗員全員が羅刹から逃れられるでしょう」

以是因縁 名観世音

いぜいんねん みょうかんぜおん

「こういった理由から観世音菩薩と名付けられたのです」

若復有人 臨当被害 称観世音菩薩名者 彼所執刀杖 尋段段壊 而得解脱

にゃくふうにん りんとうひがい しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ ひしょしゅうとうじょう じんだんだんえ にとくげだつ

「また、もし、今にも斬り殺されるか、殴り殺されそうな時でも、觀世音の御名を称えれば、刀や棒がバラバラになり難を逃れられます」

若三千大千国土満中 夜叉羅刹 欲来悩人 聞其称観世音菩薩名者 是諸悪鬼 尚不能以悪眼視之 況復加害

にゃくさんぜんだいせんこくどまんちゅう やしゃらせつ よくらいのうにん もんごしょうかんぜおんぼさつみょうしゃ ぜしょあくき しょうふのういあくげんじし きょうぶかがい

「もし、広い世界に満ちている夜叉羅刹が大挙して襲ってきて、人々を苦しめようとしても、観世音菩薩の名を称えれば、あらゆる悪鬼の悪意の眼がみえなくなり、危害が加えられないでしょう」

設復有人 若有罪 若無罪 丑械枷鎖 検繁其身 称観世音菩薩名者 皆悉断壊 即得解脱

せつぶうじん にゃくうざい にゃくむざい ちゅうかいかさ けんげいごしん しょうかんぜおんぼさつみょうしゃ かいしつだんえ そくとくげだつ

「また、誰かが有罪であろうと無罪であろうと首枷、足枷、鎖で牢獄に束縛され繋がれようとしている時でも、観世音菩薩の御名を称えれば、枷や鎖はバラバになり、罪から逃れられるでしょう」

若三千大千国土 満中怨賊 有一商主 将諸商人 齋持重宝 経過険路 其中一人 作是唱言 諸善男子 勿得恐怖 汝等応当一心称観世音菩薩名号是菩薩 能以無畏 施於衆生汝等若称名者 於此怨賊 当得解脱

にゃくさんぜんだいせんこくど まんちゅうおんぞく ういちしょうしゅ しょうしょしょうにん さいじじゅうほう きょうかけんろ ごちゅういちにん さぜしょうごん しょぜんなんし もつとくくふ にょとうおうとういっしんしょうかんぜおんぼさつにょうごう ぜぼさつ のういむい せおしゅじょう にょとうにゃくしょうみょうしゃ おしおんぞく とうとくげだつ

「仮に凶悪な賊が蔓延る国があるとしましょう。そのなかを一人の大商人が、多くの商人を連れて、大切な宝物を抱え険しい道を進んでいます。そんな状況で、商人のうちの一人が『皆さん、恐れる必要はありません。一心に観世音菩薩の名を称えましょう。この菩薩は私達が恐れるものを取り除いてくれますので、山賊に襲われる心配も無くなります』と言いました」

衆商人聞 倶発声言 南無観世音菩薩 称其名故 即得解脱無盡意 観世音菩薩摩訶薩 威神之力・巍巍如是

しゅうしょうにんもん ぐほっしょうごん なむかんぜおんぼさつ しょうごみょうご そくとくげだつ むじんに かんぜおんぼさつまかさ いじんしりき ぎぎにょぜ

「これを聞いた商人たちが、一斉に『南無観世音菩薩』と称えたとしましょう。そうすれば皆、難を逃れられるのです」

無盡意 観世音菩薩摩訶薩 威神之力 巍巍如是

むじんに かんぜおんぼさつまかさ いじんしりき ぎぎにょぜ

「無盡意、観世音菩薩の力はそれほどまでに偉大なものなです」

若有衆生 多於婬欲 常念恭敬観世音菩薩 便得離欲

にゃくうしゅじょう たおいんよく じょうねんくうぎょうかんぜおんぼさつ べんとくりよく

「もし、性欲に悩まされているのなら、いつも観世音菩薩を心の中に思い浮かべて、敬うように心がけることで、その欲が心から離れて、悩むことがなくなるでしょう」

若多瞋恚 常念恭敬観世音菩薩 便得離瞋

にゃくたしんに じょうねんくぎょうかんぜおんぼさつ べんとくりしん

「あるいは、怒りを覚え、自分自身を苦しめている人は、いつも観世音菩薩を心の中に思い浮かべて、敬うように心がけていれば、腹が立たなくなるでしょう」

若多愚癡 常念恭敬観世音菩薩 便得離癡

にゃくたぐち じょうねんくうぎょうかんぜおんぼさ べんとくりち

「愚かしい考えにとりつかれている人は、いつも観世音菩薩を心の中に思い浮かべて、敬うように心がけていれば、必ずその愚かしさから脱け出すことができるでしょう」

無盡意 観世音菩薩 有如是等大威神力 多所饒益 是故衆生 常応心念

むじんに かんぜおんぼさつ うにょぜとうだいいじんりき たしょにょうやくぜこしゅじょう じょうおうしんねん

「無盡意よ。観世音菩薩にはこのような力があり、人々に豊かな御利益を与えられるのです。そのため人は皆、しょっちゅう観世音菩薩を心に思い浮かべるようにしなければなりません」

若有女人 設欲求男 礼拝供養観世音菩薩 便生福徳智慧之男

にゃくゆうにょにん せつよくぐうなん らいはいくようかんぜおんぼさ べんしょうふくとくちえしなん

「もし、男の子の欲しい女性が、一心に観世音菩薩を拝んで大事にすれば、必ず利口な男の子供が産まれて、その子は一生しあわせに暮らすようになりましょう」

設欲求女 便生端正有相之女 宿植徳本 衆人愛敬

せつよくぐうにょ べんしょうたんしょうゆうそうしにょ しゅくじきとくほん しゅうにんあいきょう

「もし、女の子供が欲しいのなら、前世で沢山の善い行いをしたおかげで、誰からもよく思われるような気立ても器量もよい女の子供が産まれましょう」

無盡意 観世音菩薩 有如是力

むじんに かんぜおんぼさつ ゆうにょぜりき

「無盡意よ。観世音菩薩にはこれだけの力があるのです」

若有衆生 恭敬礼拝観世音菩薩 福不唐捐是故衆生 皆応受持観世音菩薩名号

にゃくゆうしゅじょう くうぎょうらいはいかんぜおんぼさつ ふくふとうえん ぜこしゅじょう かいおうじゅじかんぜおんぼさつみょうごう

「もし誰もが観世音菩薩を恭敬し、礼拝すれば、福徳が損なうことはないのです。だから誰しも観世音菩薩の名前を心にしっかりと保ち、決して忘れないようにしなければなりません」

無盡意 若有人 受持六十二億恒河沙菩薩名字 復尽形 供養飲食 衣服 臥具 医薬 於汝意云何

むじんに にゃくゆうにん じゅじろくじゅうにおくごうがしゃぼさつみょうじ ぶうじんぎょう くようおんじき えふく がぐ いやく おにょういうんが

「無盡意よ、もし人がガンジス河の砂の62億倍に等しい数の菩薩の名前を覚え、命が尽きるまで食べ物、衣服、寝具、薬を差し出したとします」

是善男子 善女人 功徳多不

ぜんなんし ぜんにょにん くどくたふ

「こうした人が受ける功徳は多いのでしょうか、少ないのでしょうか」とお釈迦様が無盡意に問いかけました。

無盡意言 甚多 世尊 仏言 若復有人 受持観世音菩薩名号 乃至一時 礼拝供養 是二人福 正等無異 於百千万億劫 不可窮尽

むじんにごん じんた せそん ぶつごん にゃくぶうにん じゅじかんぜおんぼさつみょうごう ないしいちじ らいはいくよう・ぜににんぷく しょうとうむい おひゃくせんまんおくこう ふかぐうじん

無盡意は「非常に多いです、世尊」と答えると、お釈迦様は

「そのとおりです。ところが、ここに別の人があって、観世音菩薩の名前だけをしっかりと心に刻みつけていて、ほんのしばしの間でも拝んでお供え物を差し上げたとしましょう。そうしたら、その受ける功徳はまったく同じです。その功徳の大きさを言葉で述べようと思ったら、幾百幾千幾万億という時代をかけたって言い切れるものではありません。観世音菩薩の名前を心に刻みつけていれば、このような限りない福徳を、御利益として受けることでありましょう」

と応えました。

無盡意菩薩 白仏言 世尊 観世音菩薩 云何遊此娑婆世界 云何而為衆生説法

むじんにぼさつ びゃくぶつごん せそん かんぜおんぼさつ うんがゆうししゃばせかい うんがにいしゅじょうせっぽう

無盡意はこれを聞いて、更に重ねてお釈迦さまに

「お釈迦様。観世音菩薩は人々に法を説く為に、どのようにこの世の中に現われて、どのような教え方をするのでしょうか」

と問いかけました。

方便之力 其事云何 仏告無盡意菩薩 善男子 若有国土 衆生応以仏身得度者 観世音菩薩 即現仏身而為説法

ほうべんしりき ごじうんがぶつごうむじんにぼさ ぜんなんし にゃくうこくど しゅじょうおういぶつしんとくどしゃ かんぜおんぼさ そくげんぶっしんにいせっぽう

お釈迦様は

「どこかの国の人たちが仏さまに教えてもらえば救われる場合には、観世音菩薩はすぐに仏さまの姿になって教えます」

と答えました。

応以辟支仏身得度者 即現辟支仏身而為説法

おーいびゃくしぶっしんとくどしゃ そくげんびゃくしぶっしん

お釈迦様はさらに続けて

「縁覚(えんがく)と呼ばれる孤高の聖者が救うのにふさわしい場合には、縁覚の姿になって教えます」

応以声聞身得度者 即現声聞身而為説法

おーいしょうもんしんとくどしゃ そくげんしょうもんしんにいせっぽう

「声聞(しょうもん)と呼ばれる知識の豊富な人が教えて救うのがよい場合には、声聞の姿になって教えます」

応以梵王身得度者 即現梵王身而為説法

おーいぼんのうしんとくどしゃ そくげんぼんのうしんにいせっぽう

「法の守護神である梵王(ぼんのう)となって救うのがふさわしい場合には、梵王の姿で現われて教えます」

応以帝釈身得度者 即現帝釈身而為説法

おーいたいしゃくしんとくど そくげんたいしゃくしんにいせっぽう

「釈天(たいしゃくてん)となって救うのがふさわしい場合には、帝釈天の姿で現われて教えます」

応以自在天身得度者 即現自在天身 而為説法

おーいじざいてんしんとくどしゃ そくげんじざいてんしん にいせっぽう

「自在天(じざいてん)となって救うのがふさわしい場合には、自在天の姿で現われて教えます」

応以大自在天身得度者 即現大自在天身而為説法

おーいだいじざいてんしんとくどしゃ そくげんだいじざいてんしんにいせっぽう

「自在天のさらに上、大自在天となって救うのがふさわしい場合には、大自在天の姿で現われて教えます」

応以天大将軍身得度者 即現天大将軍身而為説法

おーいてんがいしょうぐんしんとくどしゃ そくげんてんだいしょうぐんしんにいせっぽう

「軍神・天大将軍(てんだいしょうぐん)となって救うのがふさわしい場合には、天大将軍の姿で現われて教えます」

応以毘沙門身得度者 即現毘沙門身而為説法

おーいびしゃもんしんとくどしゃ そくげんびしゃもんしんにいせっぽう

「毘沙門天(びしゃもんてん)となって救うのがふさわしい場合には、毘沙門天の姿で現われて教えます」

応以小王身得度者 即現小王身而為説法

おーいしょうおうしんとくどしゃ そくげんしょうおうしんにいせっぽう

「また、普通の王の姿で救うのがふさわしい相手には、普通の王の姿で現われて教えます」

応以長者身得度者 即現長者身而為説法

おーいちょうじゃしんとくどしゃ そくげんちょうじゃしんにいせっぽう

「徳のある富豪の姿をとって救うのがふさわしい相手には、徳のある富豪の姿で現われて教えます」

応以居士身得度者 即現居士身而為説法

おーいこじしんとくどしゃ そくげんこじしんにいせっぽう

「在家のまま修行する人の姿で救うのがふさわしい相手には、在家のまま修行する人の姿で現われ、教えます」

応以宰官身得度者 即現宰官身而為説法

おーいさいかんしんとくどしゃ そくげんさいかんしんにいせっぽう

「役人の姿をとって救うのがふさわしい相手には、役人の姿で現われて教えます」

応以婆羅門身得度者 即現婆羅門身而為説法

おーいばらもんとくどしゃ そくげんばらもんしんじいせっぽう

「家柄のよい人の姿をとって救うのがふさわしい相手には、家柄のよい人の姿で現われて教えます」

応以比丘 比丘尼 優婆塞 優婆夷身得度者 即現比丘 比丘尼 優婆塞 優婆夷身而為説法

おーいびく びくに うばそく うばいしんとくどしゃ そくげんびく びくに・うばそく うばいしんにいせっぽう

「お坊さんや尼さんや男子の在家信者や女子の在家信者などの姿がふさわしい相手には、各々それに応じた姿を現わして教えます」

応以長者 居士 宰官 婆羅門 婦女身得度者 即現婦女身而為説法

おーいちょうじゃ こじ さいかん ばらもん ふにょしんとくどしゃ そくげんふにょしんにいせっぽう

「富豪や在家の修行者や役人や家柄のよい人の妻や娘の姿となって救うのがふさわしい相手には、各々それに応じた姿を現わして教えます」

応以童男 童女身得度者 即現童男 童女身而為説法

おーいどうなん どうにょしんとくどしゃ そくげんどうなん どうにょしんにいせっぽう

「男の子供や女の子供の姿をとって救うのがふさわしい相手には、その姿で現われて教えます」

応以天 龍 夜叉 乾闥婆 阿修羅 迦楼羅 緊那羅 摩猴羅伽 人非人等身得度者 即皆現之而為説法

おーいてんりゅう やしゃ けんだつば あしゅら かるら きんなら まごらか にんぴにんとうしんとくどしゃ そくかいげんしにいせつぽう

「天人でも、竜神でも、夜叉(やしゃ)でも、天界の音楽師の乾闥婆(けんだつば)、鬼神・阿修羅(あしゅら)でも、巨大な鳥の迦楼羅(かるら)でも、天界の美声の音楽家の緊那羅(きんなら)でも、大蛇神の摩ゴ羅伽(まごらか)でも、その他いろいろな形をした生き物にでも、それぞれ相手を救うのに一番ふさわしい姿になって教えます」

応以執金剛神得度者 即現執金剛神而為説法

おーいしゅうこんごうしんとくどしゃ そくげんしゅうこんごうしんにいせっぽう

「金剛杵(こんごうしょ)を持ち、法を守護する執金剛神(しゅうこんごうじん)の姿となって救うのがふさわしい相手には、執金剛神の姿を現わして教えるのです」

と語りました。

無盡意 是観世音菩薩 成就如是功徳 以種種形 遊諸国土 度脱衆生是故汝等 応当一心供養観世音菩薩

むじんに ぜかんせおんぼさ じょうじゅにょぜくどく いしゅしゅぎょう ゆうしょこくど どだつしゅじょう ぜこにょとう おうとういっしんくようかんぜおんぼさ

さらにお釈迦様は

「無盡意よ。観世音菩薩は、こういうことが立派に出来るので、さまざまの姿になって、どのような場所にも自由自在に現われて、人々を悟りへと導いて行くのです。ですから誰しも、一心にこの観世音菩薩を大切にしなければなりません」

と語りました。

是観世音菩薩摩訶薩 於怖畏急難之中 能施無畏 是故此娑婆世界 皆号之為施無畏者

ぜかんぜおんぼさつまかさつ おふいきゅうなんしちゅう のうせむい ぜこししゃばせかい かいごうしいせむいしゃ

お釈迦様は

「観世音菩薩は、おそろしい災難や困難に陥った場合にも、人の心が動揺せず落ち着くようにさせてくれる存在です。そのため、この世の中では皆が観世音菩薩を、無畏(落ち着き)を施してくださる者という意味で施無畏者(せむいしゃ)という名前でも呼んでいるのです」

と語りました。

無盡意菩薩 白仏言 世尊我今当供養観世音菩薩

むじんにぼさつ びゃくぶつごん せそんがじんとうくようかんぜおんぼさ

無盡意がこれを聞き

「お釈迦様。わたくしは今ここで観世音菩薩にこれをお供えします」

と言いました。

即解頸衆宝珠瓔珞 価直百千両金 而以与之作是言 仁者 受此法施 珍宝瓔珞時 観世音菩薩 不肯受之

そくげきょうしゅうほうじゅようらく げじきひゃくせんりょうごん にいよしさくぜごん にんしゃ じゅしほっせ ちんぽうようらく じかんぜおんぼさ ふこうじゅし

無盡意は自分の首に懸けていた金銀やもろもろの宝石が連なった、金の何万両分とも言える高価な首飾りを差し出しました。ですが、観世音菩薩はそれを受け取ろうとしません。

無盡意 復白観世音菩薩言 仁者 愍我等故 受此瓔珞

むじんに ふびゃくかんぜおんぼさつごん にんしゃ みんがとうこ じゅしようらく

無盡意は

「わたしたちを可哀想と思い、どうぞ受け取ってください」

と懇願しました。

爾時 仏告観世音菩薩 当愍此無盡意菩薩 及四衆 天 龍 夜叉 乾闥婆 阿修羅 迦楼羅 緊那羅 摩猴羅伽 人非人等故 受是瓔珞

にじ ぶつごうかんぜおんぼさ とうみんしむじんにぼさつ きゅうししゅう てん りゅう やしゃ けんだつば あしゅら かるら きんなら まごらか にんぴにんとうこ じゅぜようらく。

お釈迦様が

「この無盡意の志しでもあり、出家・在家の修行者たちをはじめ、天人や竜神や夜叉や乾闥婆や阿修羅や迦楼羅や緊那羅や摩ゴ羅伽や、その他いろいろな形をした生き物の心をくみ取って、その首飾りをお受けなさい」

と観世音菩薩に告げました。

即時 観世音菩薩 愍諸四衆 及於天 龍 人非人等 受其瓔珞 分作二分 一分奉釈迦牟尼仏 一分奉多宝仏塔

そくじ かんぜおんぼさ みんしょししゅ ぎゅうおてん りゅう にんぴにんとう じゅごようらく ぶんさくにぶん いちぶんぶしゃかむにぶつ いちぶんぶたほうぶつとう

すると観世音菩薩は、すべての人たち、天人た竜神といった人間以外の生き物の心を汲み取り、首飾りを受け取りました。ですが、すぐにそれを二つに分け、一方はお釈迦様に、あとの一方は多宝仏塔に奉げました。

無盡意 観世音菩薩 有如是自在神力 遊於娑婆世界

むじんに かんぜおんぼさ うにょぜじざいじんりき ゆうおしゃばせかい

お釈迦様は無盡意に向かって

「無盡意よ、これでわかったでしょう。観世音菩薩は自由自在な力をすべて備えていて、その力でこの世に来ているのです」

と語りました。

爾時 無盡意菩薩 以偈問曰

そこで、無盡意はまた質問をしました。

世尊妙相具 我今重問彼 佛子何因縁 名為観世音

せーそんみょうそうぐー がーこんじゅうもんぴー

ぶっしーがーいんねんみょういーかんぜおん

「お釈迦様、どうしてお釈迦様のお弟子を観音様と呼ぶのですか?」

と無盡意が質問しました。

具足妙相尊 偈答無盡意 汝聴観音行 善応諸方所 

ぐーそくみょうそうそん げーとうむーじんにー

にょうちょうかんのんぎょう ぜんのうしょーほうしょー

素晴らしいお姿のお釈迦様はお答えになりました。

「観音の行いは全て生きとし生けるものの為にあります」

弘誓深如海 歴劫不思議 侍多千億佛 発大清浄願 

ぐーぜいじんにょーかい りゃくこうふーしーぎー

じーたーせんのくぶつ ほつだいしょうじょうがん

「その誓は弘く深く海のようで、永い間の修行や人智も及ばないものです。何千億という多くの仏のお側にお仕えして、その大きく清らかな誓を発したのです」

我為汝略説 聞名及見身 心念不空過 能滅諸有苦

がーいーにょーりゃくせつ もんみょうぎゅうけんしん

しんねんふーくーかー のうめつしょうーくー

「私は貴方の為にこれを易しく説明しましょう。人が、観音菩薩の名を聞きまたは見て、心に留めて忘れないならば、諸々の苦しみを消し去る事が出来るでしょう」

假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池

けーしーこうがいいー  すいらくだいかーきょう

ねんぴーかんのんりき  かーきょうへんじょうちー

「誰かが貴方に悪意を持ち、危害を加えようと思って火の燃え盛る穴に突き落としたとしても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、火の穴はすぐさま池に変わるでしょう」

或漂流巨海 龍魚諸鬼難 念彼観音力 波浪不能没

わくひょうるーごーかい りゅうごしょーきなん

ねんぴーかんのんりき はーろうふーのうもつ

「大海に漂流してしまい、龍や魚・怪物に襲われても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、溺れて海の藻屑になってしまうことはないはずです」

或在須弥峯 為人所推堕 念彼観音力 如日虚空住

わくざいしゅーみーぶー いーにんしょーすいだー

ねんぴーかんのんりき にょーにちこくうじゅう

「須弥山(高い場所)の上から、誰かが貴方を突き落としたとしても、かの観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、太陽のように空中に留まるでしょう」

或被悪人逐 堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛

わくひーあくにんちく だーらくこんごうせん

ねんぴーかんのんりき ふーのうそんいちもう

「悪人に追い詰められ、金剛山から落とされたとしても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、毛髪の一本のさえも傷つけられません」

或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力 咸即起慈心

わくちーおんぞくにょう かくしゅうとうかがい

ねんぴーかんのんりき げんそくきーじーしん

「自分を恨む賊に、それぞれが刀を手に取り危害を加えようとしても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、彼らはすぐに慈しみの心を起こします」

或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊

わくそうおうなんくー りんぎょうよくじゅうしゅう

ねんぴーかんのんりき とうじんだんだんねー

「悪政に虐げられ、死刑を宣告されて正に刑執行の時、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、振り下ろされる刀は粉々に壊れてしまうでしょう」

或囚禁枷鎖 手足被柱械 念彼観音力 釋然得解脱

わくしゅうきんかさー しゅ-そくひーちゅうかい

ねんぴーかんのんりき しゃくねんとくげーだつ

「牢に閉じ込められて縄や鎖で拘束され、手足を枷で縛られても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、すぐさまそこから逃れられるでしょう」

呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人

じゅそーしょーどくやく しょーよくがいしんじゃー

ねんぴーかんのんりき げんじゃくおーほんにん

「誰かが呪いやまじない、毒薬で、危害を加えようとしても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、その呪いは本人の元に返ってしまいます」

或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害

わくぐーうあくらーせつ どくりゅうしょーきとう

ねんぴーかんのんりき じーしつぶーかんがい

「低級な神々や、毒龍や鬼神に遭遇しても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、害されることはありません」

若悪獣圍繞 利牙爪可怖 念彼観音力 疾走無邊方

にゃくあくじゅういーにょう りーげーそうかーふー

ねんぴーかんのんりき しっそうむーへんぼう

「恐ろしい獣に取り囲まれ、鋭い牙や爪を持っていても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、たちまちにどこか遠くへ逃げていってしまうでしょう」

玩蛇及蝮蠍 気毒煙火燃 念彼観音力 尋聲自回去

がんじゃーぎゅうふつかつ けーどくえんかーねん

ねんぴーかんのんりき じんじょうじーえーこー

「イモリやヘビまたはマムシやサソリが、毒の息や炎を吐き出していても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、どこかに行ってしまうでしょう」

雲雷皷掣電 降雹濡大雨 念彼観音力 應時得消散

うんらいくーせいでん ごうばくじゅーだいうー

ねんぴーかんのんりき おうじーとくしょうさん

「雷が鳴り稲妻が落ち、雹が降って大雨になっても、観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、その瞬間に嵐は静まってしまいます」

衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦

しゅうじょうひーこんやく むーりょうくーひっしん

かんのんみょうちーりき のうぐーせーけんくー

「生きとし生けるものが困難や災いで、ひどく苦しみに打ちひしがれるのを、観世音菩薩はすぐに察知して、世間の苦しみを救済して下さいます」

具足神通力 廣修智方便 十方諸國土 無刹不現身

ぐーそくじんつうりき こうしゅうちーほうべん

じっぽうしょーこくどー むーせつふーげんしん

「(観音様は)神通力を具えて、広大な智慧と方便を、すべての場所に姿を現わします」

種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦 以漸悉令滅

しゅーじゅーしょーあくしゅー じーごくきーちくしょう

しょうろうびょうしーくー  いーぜんしつりょうめつ

「様々な苦しみを受ける境涯、地獄と餓鬼、畜生の世界や、生老病死の苦しみも、(観音様によって)次第にすべて滅び去るでしょう」

真観清淨観 廣大智慧観 悲観及慈観 常願常譫仰

しんかんしょうじょうかん こうだいちーえーかん

ひーかんきゅうじーかん じょうがんじょうせんごう

「真実を等しく見通す眼と、広くそして偉大なる智慧と、憐れみ深い眼と慈しみの眼。(観音様を)常に願い、常に仰ぎ見なさい」

無垢清淨光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間

むーくーしょうじょうこう えーにちはーしょーあん

のうぶくさいふうかー ふーみょうしょうせーけん

「(観音様には)汚れなき清らかな光があって、その智慧の光は様々な闇を照らし、災いである煩悩の風や火を鎮め、もれなく明らかに世間を照らし出します」

悲體戒雷震 慈意妙大雲 澍甘露法雨 滅除煩悩焔

ひーたいかいらいしん じーいーみょうだいうん

じゅーかんろーほううー めつじょーぼんのうえん

「憐れみの心からの戒めは雷のように震え、慈しみの心は美しい大きな雲のよう。甘露のような仏の教えの雨を降らせて、煩悩の炎を消し去ります」

諍訟経官處 怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散

じょうしょうきょうかんじょー ふーいーぐんじんちゅう

ねんぴーかんのんりき しゅうおんしったいさん

「訴訟が起こって恐るべき争いの渦中でも、かの観世音菩薩の力をしっかり信じていたら、争う人々は皆たちまち去るでしょう」

妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念

みょうおんかんぜーおん  ぼんのんかいちょうおん

しょうひーせーけんのん ぜーこーしゅーじょうねん

「妙なる美しい音、世界を見透す音、梵天の音・海の岸辺に寄せる波の音など、観世音菩薩は世間の全ての音よりも勝れています。それゆえ(観音様を)常に念じるべきなのです」

念念勿生疑 観世音淨聖 於苦悩死厄 能為作依怙

ねんねんもつしょうぎー かんぜーおんじょうしょう

おーくーのうしーやく のういーさーえーこー

「けして疑いを持つことがないように。観世音菩薩の清さ尊さは、苦悩や死の災いの時に、確かな拠り所となるのです」

具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故應頂礼

ぐーいっさいくーどく じーげんじーしゅうじょう

ふくじゅーかいむーりょう ぜーこーおうちょうらい

「全ての善い性質を備え、慈しみの眼で生きとし生けるものを見守って下さる。(観音様は)海の様に無量な福徳を備えています。だからこそ(観音様を信じて)礼拝しなさい」

爾時持地菩薩 即従座起 前白佛言 世尊 若有衆生

にじじじぼさつ そくじゅうざーきー ぜんびゃくぶつごん せーそん にゃくうしゅじょう

この説法に感動した持地菩薩は、座から立ち上がってお釈迦様の前に進み出て、言いました。

聞是観世音菩薩品 自在之業 普門示現 神通力者

もんぜ かんぜ おんぼ さつぼん じーざいしーごう ふーもんじーげん じんつうりきしゃ

「お釈迦様、どうような人でも、この観世音菩薩の自由自在な救済の力と、相手に応じてさまざまに姿を変え、あらゆる所に出現される神通力を聞き知った人は、大きな功徳を得ることでございましょう」

当知是人 功徳不少佛説是普門品時衆中 八萬四千衆生皆発無等等 阿耨多羅三藐三菩提心

とうち ぜ にん くーどくふしょうぶつせつぜ ふ もんぼんじ しゅうちゅう はちまんしせんしゅうじょう かいほつむ とうどう あーのくたーらーさんみゃくさんぼだいしん

こうして、お釈迦様があらゆる方向に眼を向けている観世音菩薩の教えを説き終えると、大衆の中の八万四千人もの人々が、くらべるものもなく尊い“完全なる悟り”を得たいという願い、正しい道を志すようになったのです。

現代風に読んでみる観音経

写経

観音様がその素晴らしい力で生きとし生けるものを救ってくださる事がよくわかりましたが、お経は文字通りの解釈によるものだけではない豊かな意味を持っています。

自分のことに再解釈してみる

例えば、「假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池」を、実際に

誰かに火の燃え盛る穴に落とされることと考えると、自分にはあまり関係の無い話だと思えますよね。

では、「もし誰かと大喧嘩して怒りが収まらないとき、観音様を思い出して信じてみるなら、あなたの心はたちまち静かに平和になるでしょう」と読み変えてみたらどうでしょうか。意外にストンと腑に落ちませんか?

写経、読経は自然に意味が心に染みてくるのでおすすめ

観音経においても、写経用のグッズが市販されています。出来上がったお経はお寺に奉納することもできます。また、般若心経よりも長い観音経ですが、声に出して読経するのも大変効果があります。

意味がわからないことを「お経みたいだ」と言ったりしますが、声を出して読むことで、深い意味が自然に体に染みてくるという効果があるものです。

観音経は聴き流すだけでもご利益を得られる

観音経は聴き流すだけでも功徳があると言い伝えられており、あらゆる願いを成就に導く奇跡を呼び起こす効果があるそうです。以下に無料で観音経が視聴出来るYouTubeチャンネルをリンクしておきますので、チャンネル登録などして通勤や通学中、家事の合間や寝る前などに毎日聞いてみましょう。

まとめ

観音経を読んでみて、観音様が身近に感じられるようになりましたね。日本人の生活に根付く観音信仰、お年寄りの信心深い気持ちにも共感できるような気がします。生活の中に観音経の教えを取り入れて、心豊かに過ごしたいものですね。

関連記事

  1. お経を念じる坊主

    お経

    【お経とは】5分で分かる宗派毎の違い、意味や種類、効果などを詳しく解説

    こんにちは、管理人の凛です。葬儀や法事で唱えた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. Businessman feel sad worry tired frustrated upset fail after lost work job f. He become unhappy and depressed person sit with black bag in the park. Man is sad and worry about life or work.
  2. 復縁
  3. 数珠
  4. 悪霊退散 待受画像
  1. Fog in the forest

    守護霊

    弱い守護霊を強くする!加護(守り)の力を高めるおまじないの方法
  2. ツインレイ

    ソウルメイトとツインソウル

    ツインレイとは?20の特徴から分かるツインレイ男性の見分け方!
  3. 霊気(レイキ)

    霊気(レイキ)

    霊気(レイキ)は宗教?レイキの正しい知識と使い方・効果・シンボル
  4. 呪い 浄化

    浄化のおまじない

    【呪われてるかも】と思ったら今すぐやるべき呪いを解く浄化のおまじない
  5. 金運アップ

    風水術

    【風水】金運アップに効果抜群な靴・時計・服・アクセサリーの選び方
PAGE TOP