MENU

瞑想にベストな時間は夜?朝?寝ながら?体験者が教える正しい方法!

引き寄せ 瞑想

こんにちは、管理人の凛です。

今回は瞑想にベストな時間や正しい瞑想方法をテーマにお話したいと思います。

瞑想をするなら最適なタイミングで行いたい、と考える方は多いかと思いますが、瞑想はリラックス状態、かつ集中出来る環境にある事が大切なので、自分に合った時間に行うのがベストです。

朝や夜、入眠前、昼、夕方、バスの待ち時間等、自分の好きなタイミングで瞑想出来れば、潜在意識にリンクしやすくなります。

以下では6人の方による瞑想体験談をご紹介します。瞑想のタイミングは人によって異なるので、ご自分にとってどのタイミングが最も良さそうなのか判断するための参考にして下さい。

目次

朝の瞑想により感情のコントロールが出来るようになったA.Hさん

朝の瞑想

A.Hさんは仕事や子育てに毎日必死になっていた結果、毎日イライラして行き詰まりを感じていたそうです。

「これといって訳も無いのに毎日イライラしていたんです。そうなってからは仕事も上手くいかず、子供の我儘にも腹を立てやすくなりました。イライラを通り越すと、私は何をやっても上手くいかないな、と自分を追い詰める事もありました」

精神的な不安定さに悩んでいた頃に、テレビ番組で瞑想の効果を知ったそうです。

「瞑想はメンタルを安定させられるだけでなく、簡単に出来るとあり、興味を持ちました。私は朝なら落ち着いた時間が取れるので、瞑想は起床後に行う事にしたんです。番組でやっていた通りに、目を瞑りながら座り、ゆっくりとした呼吸を10分程続けました」

A.Hさんは瞑想で実際に落ち着けた事もあり、1週間以上続けたそうです。また、続けていく内に、自分が変化するのを感じたと言います。

「『朝瞑想』を始めたばかりの時は嫌な事を思い出してイライラしたのですが、次第にそのような事は無くなりました。回数を重ねていくと瞑想に集中でき、ネガティブな思い出が頭の中に留まらなくなったんです。『そんな事もあったなぁ』と感じる程度になりました」

瞑想を毎日続けた結果、A.Hさんは仕事も子育ても順調になりました。

「仕事でトラブルが発生してもすぐにカッとならなくなりました。平常心のまま仕事をこなせたので、丸く収まるのが早かったですね。瞑想を始める前の私だったら混乱してしまい、トラブルは長引いていたと思います。また、気持ちに余裕が出て来た所為か、子供と言い争いになる事が減り対立もしなくなりました」

「瞑想を始めてからは、気持ちをコントロール出来るようになりました。感情的にならないので、ストレスを溜める事も少なくなり、自分がやりたい事も思い出せたんです。今では、子供と遠出をしたりして人生を楽しんでいます!」

起床後は空腹なので瞑想に集中しやすい

朝起きてから瞑想を行うと集中しやすいのでおすすめです。食後だと体は消化に意識が向かいやすい為、集中的に取り組みにくくなります。

また、朝は昼間や夕方に比べて気候が穏やかであったり、人の流れも多くなかったりするので、集中が必要な瞑想には持って来いの時間帯です。

瞑想で顕在意識の働きが休まれば冷静になれるので、雑念が処理されたり、感情のコントロールが出来るようになったりします。顕在意識が休まった時に潜在意識からのメッセージを受け取れれば、A.Hさんのように自分がやりたかった事にも気付けるでしょう。

夜の瞑想でインスピレーションが湧くようになったE.Sさん

インスピレーション

E.Sさんは友人から瞑想を勧められて挑戦しましたが、朝の時間帯では上手く行かなかったそうです。

「朝に瞑想すると良いと勧められたので、起床後にやってみたら二度寝をしてしまったんです。その所為で約束の時間に遅れそうになったりと大変でして…。それに私は、朝はなかなか起きられないので、この時間帯に瞑想をするのは少々苦痛でした…」

時間や気持ちに余裕がある夜に瞑想をするようになってから、瞑想の効果を感じられたと言います。

「私は自分が一番落ち着ける夜に瞑想したんです。床にあぐらをかき、15分程目を閉じて集中しました。実際に瞑想すると、頭がクリアになったり気持ちが軽くなったりするのを感じられました。私には夜の方が合っていたみたいです」

また、E.Sさんは瞑想によりリラックス出来た結果、インスピレーションが得られるようになりました。

「瞑想で体も心もリラックスすると、インスピレーションが湧くようになりました。効率的な仕事の方法に閃いたり、不必要な作業等に気付いたりするようになったんです。私生活でも、買う必要の無い物や、失くしていた物がどこにあるのか等を突然思い出す事がありました」

「発想が豊かになってからは、スムーズに仕事ができ、身の回りをすっきりさせられました。瞑想は、私にとって大切な事を教えてくれているようです」

夜の瞑想はリラックス効果を高め潜在意識へのアクセスを容易にする

夜は体内時計の関係で副交感神経が優位になりやすいとされています。瞑想を行えば、よりリラックス効果が高められるでしょう。完全にリラックスする事で雑念や疲れが無くなれば、潜在意識へのアクセスが容易になるでしょう。

そうして潜在意識にアクセス出来れば、潜在意識が発するメッセージを受け取れます。E.Sさんのようにインスピレーションが湧いたり、生活を高めるヒントがパッと浮かんで来たりするでしょう。

入眠時の瞑想で恋愛成就という夢を叶えたR.Oさん

恋愛成就

R.Oさんは長年ある人に思いを寄せていましたが、一緒になる事は叶わなかったそうです。

「私は嫌われるのが怖くてアタックも出来なかったんです。これをしたら気持ち悪がられるんじゃないかとか、前の恋愛も駄目だったしとか考えて、中々行動に移せませんでした」

そんな中、参加したセミナーで瞑想の価値を知ってから、それを寝る前の習慣にしました。

「私は、唯一時間が取れる寝る前に瞑想を始めたんです。布団へ大の字に寝て両手を広げ、20分程意識を呼吸に向けました。そうしたら雑念がすっきりしたんです。瞑想が終わったら、いつもみたいに彼へ話し掛ける妄想をしてから眠りました」

R.Oさんは寝る前の瞑想とイメージングを続けた所、風向きが変わったと言います。

「ある時、好きな人と会ったら普通に話せたんです!何時もなら緊張したり声が上ずったりするのに。次第に私は気軽に話し掛ける事が出来、なんとお昼ご飯にも誘えたんです。そうしたら、今度は彼から食事に誘われてデートに発展しました」

「デートの前日も寝る前に瞑想をしてから、『デートを楽しむ私と彼』の様子を細かくイメージしたんです。楽しい会話をしたり夜景を見たり、彼の笑顔を想像したりしました」

瞑想にイメージングを組み合わせた所、R.Oさんは自分の思うように振る舞えるようになったり、現実がイメージ通りになったりして驚いたそうです。

「2人で楽しく会話出来ましたし、一緒に夜景も見ました。私はもう『嫌われるかも』等と一切思わずに彼とコミュニケーション出来るんです。これが可能になったのは、寝る前の瞑想を始めてからだと思います」

R.Oさんはデートを重ねた後、交際が始まったと教えてくれました!

入眠前の瞑想とイメージングで潜在意識へ働き掛けられる

入眠前に「うとうと」となっている時は、潜在意識へリンクする絶好のタイミングです。瞑想で雑念や思考をクリアにし、イメージングで自分の願望を潜在意識へ届けられれば、その状態を引き寄せられるでしょう。

イメージングは、R.Oさんのように具体的に想像すると効果的です。好きな人へ楽しそうに話し掛ける様子等を瞑想後にイメージすれば、より願望が実現しやすくなるでしょう。

お昼の瞑想で集中力が高まり仕事の能率が上がったY.Iさん

瞑想

Y.Iさんはお昼の休憩時間に瞑想を取り入れた所、仕事を早く片付けられるようになったそうです。

「1時間のお昼休みがあるのですが、他の人は外へ食べに行くのでオフィスが静かになるんです。私はこの時間で5分間の瞑想をデスクで行っています。椅子に座って目を閉じ、深く呼吸をしてこれに意識を向けるんです」

「私の場合は5分でも瞑想の効果がありました。集中力を回復させられたので、仕事も要領良く出来ましたし、ミスも大分減ったんです。それに、集中すると周囲の話し声や雑音も気にならないので、自分の課題に身を入れられるんです」

また、Y.Iさんはお昼の瞑想によりプレッシャーを感じにくくなったとも教えてくれました。

「今までは同僚や上司の事を考えるとプレッシャーを感じてしまい、焦ってミスをしたり、頑張っても結果が出なかったりしました。お昼の瞑想を始めてからはストレスへの耐性が付いたようで、周りに振り回されなくなり、毎日が楽しいです!」

お昼の瞑想で顕在意識を休ませ集中力を回復出来る

お昼に瞑想すれば脳を一旦休息させられ、集中力を回復出来るのでおすすめです。午後の仕事の前に瞑想すれば集中力がアップし、Y.Iさんのように仕事の能率が上がったり、周囲の雑音が気にならなくなったりするでしょう。

顕在意識は瞑想により休ませられるので、潜在意識が活動しやすくなります。潜在意識を働かせられれば1つの事に集中出来るので、周囲の情報(話し声や他人の思惑等)をシャットアウトする事が可能です。周りが気にならなくなれば、目の前の仕事に力を入れられるでしょう。

夕方の瞑想を習慣にした事でポジティブ思考になれたK.Wさん

プラス思考

K.Wさんが瞑想を始めたきっかけは、ポジティブ思考になれると知った事だそうです。

「私は昔からすごいネガティブで、酷い時には鬱っぽくなって何も手に付かなくなる事もありました。ある時好きな歌手のブログを見ていたら、瞑想をする事でポジティブ思考になれると知ったんです」

そこでK.Wさんは、ネガティブ思考の自分を変えたい一心で瞑想の時間を取り入れました。

「私は午前中からお昼過ぎは介護をしているので、夕方に帰ってきてから瞑想に取り組んだんです。始めは座禅の体勢でしていたのですが、腰が痛くなってしまって、上手く瞑想が出来ませんでした」

「試しに、自分が一番くつろげる場所で、楽になれる体勢で瞑想をしてみた所すんなりと取り組めました。集中出来る時間が5分から10分、15分と伸びるようになるのと同時に、瞑想の効果を感じるようになりました」

K.Wさんは気持ちが穏やかになり、次第にポジティブ思考になったそうです。

「瞑想を始めてから、心が穏やかになるのが分かりました。また、ネガティブ思考によるストレスも緩和され、嬉しい事や幸せな事を見付けられるようにもなったんです」

「今まで生きて来れたのは奇跡だなとか、介護で親に恩返し出来て嬉しいなとか、今ある幸せに気付きました。自分を肯定出来るようになり、満足感が生まれたんです。今では、全ての人や物事に感謝する毎日を送っています!」

夕方にくつろげる体勢で瞑想を行うのも効果的

瞑想は昼の用事を済ませてから、夕方に行っても効果を得られます。

その際、K.Wさんのようにくつろげる体勢で行うのも良い方法です。瞑想=胡座をかいて行うものと思われがちですが、楽な姿勢で行っても構いません。そうすればリラックス出来るので、瞑想に集中しやすくなります。

瞑想で潜在意識へ働き掛けると、(精神の安定に関わる脳内ホルモンの)セロトニンという物質が分泌されます。これにより、精神的落ち着きが得られるだけでなく、ポジティブ思考になって幸せも感じやすくなるのです。

セロトニンが作り出せれば、潜在意識の働きを邪魔する思考や雑念が取り払われます。瞑想を続ける程潜在意識は開花するので、K.Wさんのように落ち込みやすい方も元気を取り戻せるでしょう。

バスの待ち時間に瞑想をして精神的な疲れから開放されたE.Uさん

バス停

E.Uさんは瞑想に興味があったのですが、時間をなかなか確保出来なかったと言います。

「私は朝が一番忙しく、昼はパート、夕方から夜は帰って来たら子供の面倒を見たり家事をしたりと忙しくて…。どうしたら瞑想をするまとまった時間を取れるのかと考えた時、バスの待ち時間がある事に気付いたんです」

「バスは通勤で利用しています。バスを待つ間、誰にも邪魔されずにベンチで瞑想に取り組んだのですが、思ったより集中出来ました。バス停の横に木が立っているのですが、風に揺れると心地良い音がして、リラックス効果が高まったように思います」

E.Uさんはバスを待つ時間に瞑想を取り入れた所、人間関係が楽になったそうです。

「パートに行く時に瞑想を必ずしていたら、2週間程して精神的に疲れなくなったんです。長い間、職場の人間関係やご近所付き合いに悩まされていましたが、瞑想を始めてからは気持ちに余裕が生まれました」

「長年抱いていた不満を手放す事が出来、嫌な事があってもくよくよしなくなったんです。瞑想を始めたお蔭で心身ともに元気になり、毎日を生き生きと過ごせるようになりました」

瞑想は空き時間に屋外でも行える

瞑想は屋内だけではなく、屋外で行っても効果を得られます。バス停の他にも、ベランダや屋上、公園等も瞑想スポットとしておすすめです。

また、無音よりも多少の音があった方が集中しやすいと言われています。木が揺れる音や風が吹く音は、瞑想の際にも馴染むでしょう。

何も考えない事を意識する瞑想で思考が休まれば、潜在意識にアクセスしやすくなります。アクセス出来れば自分の核を取り戻せるので、今まで感じていたネガティブな気持ちを手放せます。

瞑想を続ければ、E.Uさんのように人間関係に悩みにくくなったり、付き合う人を適切に選べるようになったりするでしょう。

瞑想は集中出来ない時間帯は避け自分に合った時間に行う

瞑想は朝や夜、入眠前、昼、夕方、待ち時間等、自分に合った時間に行いましょう。朝が苦手な方や、お昼に時間を取れない方が無理にその時間に行うと、集中して取り組めないので、瞑想の効果をあまり得られません。

瞑想が出来るかどうかは、リラックス状態と集中出来る環境にかかっているので、これらを確保するのが大切です。

また、体験談にあったように、瞑想は以下の点を踏まえて毎日行うと効果を得やすくなるでしょう。

  • 瞑想時間は5分からでも行える
  • 自分がくつろげる姿勢になる
  • 自分の呼吸に意識を向ける

まとめ

瞑想は、自分に合った時間に行うのがベストです。リラックス状態になり、集中出来る環境にあれば、朝や夜、入眠前、昼、夕方、バスの待ち時間等、好きなタイミングで取り組めます。

瞑想をすれば潜在意識にリンクでき、感情のコントロールが可能になったりインスピレーションが湧いてきたりします。それだけではなく、願望の実現や仕事の能率向上、ポジティブ思考になる事も可能です。さらに、精神的な疲れからも解放されるでしょう。

瞑想は5分から始められ、くつろげる姿勢になりながら自分の呼吸に意識を向けるだけで簡単に行えますので、是非試してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次