MENU

【九星占術】九紫火星の人の吉方位・適職・性格・相性・運勢!

黒 紫色、パーティドレスの女性

こんにちは、管理人の凛です。

今回は、九紫火星の人の吉方位や適職、性格、相性、運勢などについて、ご紹介します。

九紫火星は、九星占術を語るうえで切り離すことができない本命星のひとつです。
本命星には、一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)の9つのパターンがあり、生年月日によって自分の本命星が決められています。

そして、自分の本命星が何なのかを知ることによって、自分の吉方位や適職、性格、相性、運勢など、さまざまなことを知ることができます。

本命星の中で9つ目にあたる九紫火星は、一般的に才能にあふれた人が多く、火を意味するものに強いことが主な特徴だと言えます。
また、象意としては、「名誉」、「先見」、「華美」、「燃焼」、「明かり」、「精神」などが挙げられます。

ただ、上記のものは簡易的な特徴なので、もっと掘り下げていけば、さらに詳しく性格の特徴や相性などを知ることができます。

生まれた年が以下の方は九紫火星が本命星なので、最後まで目を通して、自分自身に対する理解を深めたり、相性が良い人を探す際の参考にしたりと、人生をより良くするための役に立ててみてください。

≪九紫火星が本命星の方≫

「昭和21年(1946年)生まれの方」、「昭和30年(1955年)生まれの方」、「昭和39年(1964年)生まれの方」、「昭和48年(1973年)生まれの方」、「昭和57年(1982年)生まれの方」、「平成3年(1991年)生まれの方」、「平成12年(2000年)生まれの方」、「平成21年(2009年)生まれの方」、「平成30年(2018年)生まれの方」、「令和9年(2027年)生まれの方」

[s_ad]

目次

【1】九紫火星の人の主な性格の特徴7つ

紫色 社会的成功

(1)負けず嫌い

九紫火星の人は、負けず嫌いな性格をしている人が多いと言えます。
競争心や闘争心が高く、常に勝ちにこだわっているタイプの人が多いので、競争事や争いごとが起こった時には普段以上の力を発揮することもありますが、その分、周りの人と衝突してしまうことも多いでしょう。負けず嫌いな性格が裏目に出てしまうと、周りとの衝突を生むだけでなく、トラブルを招いてしまったり、精神的に追い詰められてしまったりすることもあります。
また、負けてしまった時に、勝負した相手に対して僻んでしまったり、妬んでしまったりすることもあるでしょう。

(2)行動力がある

行動力があるタイプの人が多いことも、九紫火星の人の性格の特徴だと言えます。
やると決めたことをすぐに実行に移したり、有言実行を貫いたりと、行動力があって、アクティブな性格をしている人が九紫火星の人には多いのです。
周りが躊躇したり、尻込んでいたりする時でも、我先にと行動に移していくことができますので、周りの人よりも一歩リードして先をいく人が多いと言えます。
ただし、周りに対してもアクティブさを求める傾向にあるため、周りがアクティブさについてこれなくなった時には、イライラしてしまうこともあります。また、突発的な行動が多いので、計画性のなさが弱点となることもあるでしょう。

(3)個性的で、明るい

九紫火星の人は、個性的で明るい性格をしている人が多いということも、特徴だと言えるでしょう。
どんな時でも太陽のように明るく、元気に振る舞う人が多いので、周りからは「一緒にいると元気をわけてもらえる」「ムードメーカーだ」と思われることも多いと言えます。そして、人と違うことを好む、個性的な人も多いと言えるでしょう。
基本的にはどんな時でも明るく振る舞っていますが、多少、気分屋な一面も持っているため、興味のないことを強要されてしまうと、途端に冷めてしまって冷たい態度をとってしまうこともあります。

(4)賢い

賢い人が多いということも、九紫火星の人の特徴だと言えます。
頭が良く、知識も豊富で頭脳明晰な人が九紫火星の人には多いので、持ち前の頭脳を駆使して活躍することも多いでしょう。また、頭の回転も速いので、応用力があり、どのような状況でも臨機応変に対応できるという特徴も持っています。
ただ、負けず嫌いでプライドが高いため、見栄を張ってしまって、知らないことでも知っているフリをしてしまったり、出来ないことでも出来ると言ってしまったりすることもありますので、そのせいでトラブルを招いてしまうこともあります。

(5)リーダーに向いている

九紫火星の人は、リーダーに向いているタイプの人が多いということも、特徴だと言えるでしょう。
行動力があって、人を判断する能力や見極める能力に長けている人が多いので、リーダー向きの人が多いと言えます。リーダーとしての決断力や、直観力も持ち合わせていますので、何事もそつなくこなして、周りを引っ張っていくことができるでしょう。
また、負けず嫌いだからこそ、どのような状況に陥っても上を目指して、状況を打開していく力にも長けている人が多いということも、特徴です。

(6)気が短い

気が短いタイプの人が多いということも、九紫火星の人の特徴のひとつです。
普段は明るく振る舞っていても、ちょっとしたことで感情的になってしまったり、怒ってしまったりするタイプの人が九紫火星の人には多いのです。
また、思ったことはハッキリと言葉にして伝えるタイプの人も多いので、感情のままに言葉を発してしまって、そのせいでトラブルを招いてしまうこともあるでしょう。
ちょっとしたことで感情的になったり、怒ったりするということは、自分の気持ちに素直に生きている証拠ですが、少しは冷静な心を持てるように意識すると良いかもしれません。

(7)美しいものを好む

九紫火星の人は、美しいものを好むタイプの人が多いということも、特徴だと言えるでしょう。
美的センスがあって、美しいものを好む傾向にあるため、九紫火星の人は、華やかなファッションをしていることが多いと言えます。その時の気分や興味のあることに左右されて、ファッションが変わる傾向にもあるので、カジュアルな服装をしている時もあれば、派手な服装をしている時もあるでしょう。
また、ブランドものを好む傾向にもあるので、高いバッグや時計などをたくさん持っている人も多いと言えます。

【2】それぞれの本命星と九紫火星との相性

愛・復縁fukuen

(1)一白水星との相性

一白水星の人は、温厚で他人に合わせて人生を歩んでいくタイプの人が多いので、九紫火星の人とはあまり良い相性とは言えません。
九紫火星の人には、一白水星の人が「自分を持っていない人」「周りに流されてしまう人」「ハッキリとしない人」と思えてしまって、イライラしてしまうことも多いでしょう。短気で、言葉をオブラートに包まない人が九紫火星の人には多いので、直接不満をぶちまけてしまうこともあるかもしれません。
上手に付き合っていくためには、九紫火星の人が優しくなって、一白水星の人に歩み寄るのが良いでしょう。

(2)二黒土星との相性

二黒土星の人は、真面目で、包容力があるタイプの人が多いので、やや破天荒な性格をしている九紫火星の人を優しく包み込むことができるため、相性は比較的良いと言えます。
ただし、二黒土星の人は、相手を好きになるまでに時間がかかるタイプの人が多いので、恋愛関係に発展するまでにはそれなりの時間がかかってしまうでしょう。また、二黒土星の人から九紫火星の人に対してアプローチすることも稀で、ほとんどないため、恋愛関係に発展する場合は、九紫火星の人からのアプローチがカギとなります。

(3)三碧木星との相性

三碧木星の人は、明るくて社交的なタイプの人が多いので、同じく、明るくて元気な人が多い九紫火星の人との相性は非常に良いと言えるでしょう。
三碧木星の人は、若干、優柔不断な一面を持っていますが、その優柔不断な一面は、九紫火星の人がしっかりとフォローすることができますので、恋愛関係に発展すれば良い関係を築いていくことができます。
また、似たような性格をしているため、お互いに惹かれる面も多く、一緒にいても落ち着くので、自然とお互いに惹かれ合って、恋愛関係に発展しやすいと言えます。

(4)四緑木星との相性

四緑木星の人は、平和主義でおっとりしているタイプの人が多いので、九紫火星の人とは正反対の性格をしています。そのため、九紫火星の人は、四緑木星の人に対してイライラしてしまうことも多いかもしれませんが、実はそこまで相性が悪いわけではありません。
四緑木星の人のどっちつかずで、ハッキリしない態度に九紫火星の人がイライラしがちですが、九紫火星の人が相手からのアプローチを待つことができれば、問題なく関係を築いていくことができるでしょう。恋愛関係に発展してからも、九紫火星の人が四緑木星の人の性格に歩み寄る態度を持つことができれば、良い関係を築いていけます。

(5)五黄土星との相性

五黄土星の人は、気が強くて、ハッキリしているタイプの人が多いので、九紫火星の人とは非常に良い相性をしています。
九紫火星の人から見ても、五黄土星の人は魅力的で、自分にとっての理想でもあるため、惹かれる面が多く、自然と好意を抱いていくでしょう。
どちらも行動力があって、アクティブな性格をしているので、恋愛関係に発展すれば、外出することが多くなり、さまざまな場所へ出かけて、たくさんの思い出を作ることができるはずです。
また、五黄土星の人は自分を頼ってくれる人を好む傾向にあるので、五黄土星の人に好意を抱いたなら、相手を立てるようにするのがベストだと言えます。

(6)六白金星との相性

六白金星の人は、警戒心が強いタイプの人が多いので、恋愛関係に発展するまでには根気が必要になると言えます。
そして、六白金星の人の方から九紫火星の人に対してアプローチしてくることは少ないので、九紫火星の人が相手の警戒心を解きながら、様子をうかがいつつ、根気よく距離を縮めていくことが大切になってきます。
ただし、恋愛関係に発展さえすれば、お互いがお互いを大切に思いやることができて、一途でピュアな恋愛を楽しむことができるでしょう。

(7)七赤金星との相性

七赤金星の人は、サバサバしているタイプの人が多いので、一見すると九紫火星の人と似たような性格をしているように思われがちですが、九紫火星のように物事をハッキリ言うタイプではありません。どちらかと言えば、言葉を選び、オブラートに包んで言葉を発するため、自分の意見をハッキリと言うことは少ないでしょう。
そのため、九紫火星の人から見れば、七赤金星の人は頼りなく思えてしまうので、あまり良い相性とは言えません。
恋愛関係に発展することもあるでしょうが、恋愛関係に発展したとしても、あまり長くは続かないでしょう。

(8)八白土星との相性

八白土星の人は、七転び八起きという言葉が似合うくらい強い性格をしている人が多いので、九紫火星の人が好意を抱きやすい性格をしています。
相性自体も比較的良い方なので、恋愛関係に発展すれば、良い関係を築きながら、交際を続けていくことができるでしょう。
ただし、八白土星の人は自分からアプローチをするタイプではないため、恋愛関係に発展させるためには、九紫火星の人の方から積極的にアプローチをする必要があります。積極的にアプローチをしていけば、比較的早くに恋愛関係へと発展させることができるでしょう。

(9)九紫火星との相性

九紫火星の人同士は、お互いに明るい性格をしているため、相性は抜群だと言えます。
好意を抱いた方から、積極的にアプローチをしていきますので、比較的、恋愛関係に発展することも多いと言えるでしょう。
ただし、気持ちの移り変わりが激しい人が多いため、タイミングを見誤ってしまうと、うまくいかないことも多くなりますので、その点には注意が必要です。

[s_ad]

【3】九紫火星の人の運勢

物・紫色 開運

(1)早めに結婚しがちだが、離婚しやすい

九紫火星の人は、行動力があって、思ったことは何でも口にしてしまうタイプの人が多いので、恋愛に対しても積極的な人が多いと言えます。
そのため、早めに結婚をすることも多いでしょう。好きになった相手に対しては、まっすぐに向き合うので、勢いとノリで結婚してしまうことも多いと言えます。そのせいで、結婚後、うまくいかなくなることも多く、離婚をしやすい運勢をしていると言えます。

(2)好き嫌いによるトラブルが多い

美的センスがあって、美しいものを好む傾向にあるため、九紫火星の人は男女ともに面食いな人が多いと言えます。
また、人の好き嫌いが激しく、好みのタイプには優しくできますが、好みのタイプではない人には極端に冷たく接してしまうことも多くなります。
そのため、好き嫌いによる人間関係のトラブルが多くなってしまう傾向にあり、人間関係のトラブルに悩まされてしまいやすい運勢をしていると言えます。

(3)センスを活かす仕事に就けば活躍できる

美的センスが高いので、そのセンスを活かす仕事に就けば活躍できる傾向にありますが、好き嫌いが激しいため、嫌いな仕事に就いてしまうと、何もかもやる気がなくなってしまって、著しく運勢が低下してしまう傾向にあります。
仕事によって、運勢が大きく左右されますので、仕事を選ぶ際は、自分のセンスを活かすことができる仕事なのかや、自分の好きな仕事なのかに注目をして選ぶと良いでしょう。

(4)年齢を重ねるにつれて金運が低下する

九紫火星の人は、年齢を重ねるにつれて金運が低下する傾向にありますので、注意をした方が良いでしょう。
若い頃はお金に困ることはほとんどないと言えますが、大人になって年齢を重ねるにつれて、徐々に金運が低下していきますので、貯金をしていないとお金に困ってしまう場面も出てくるかもしれません。
また、九紫火星の人自体が、お金よりも名誉を重んじるタイプの人が多いので、お金に困っているにも関わらず、見栄を張ってブランドものや高級なものを購入する傾向にもあります。

【4】九紫火星の人の適職

お祓い

九紫火星の人には、「知恵」、「医療」、「名誉」、「神秘」という4つが強い傾向にあります。
その4つに該当する仕事に適正がありますので、以下にまとめた仕事を参考にしてみてください。

・「知恵」・・・学者、研究者、科学者、各種の技師、保険業全般など

・「医療」・・・薬剤師、看護師、医師、薬品業、化粧品に携わる業務など

・「名誉」・・・裁判官、会長、理事長、議員など

・「神秘」・・・占い師、鑑定士、宮司、神主、神官など

他にも、美的センスが高い人が多いので、美容関係やアパレル関係の仕事にも適正があります。

【5】九紫火星の吉方位

方位磁石

九紫火星は、九星気学の方位軸の中で「離(り)」という南をさす位置に存在している本命星です。この「離」の位置としての吉方位が、九紫火星の吉方位となりますので、以下を参考にしてみてください。

・「東」・・・東は、九紫火星にとってもっとも良い方位となります。やる気をアップさせたり、自分の能力を向上させたりする効果を期待できる方角なので、私生活でも東の方角を意識してみると良いでしょう。思い切って、東の方角にある住居に引っ越したり、転職したりするのも吉です。

・「東南」・・・東南は、九紫火星にとって東の次に良い方位となります。悩みの解決や、努力の実りに効果がある方角なので、悩みを抱えている時や努力を継続している時に東南の方角に足を運んでみると良いでしょう。

・「北」・・・北も、九紫火星にとって吉方位のひとつです。北は、人間関係の改善や忍耐力を高める効果を期待できる方角なので、人間関係に悩んでいたり、仕事に悩んでいたりする時には、北に足を運んでみると良いでしょう。

・「南」・・・上記の3つには劣りますが、南も吉方位のひとつです。南は、家族愛や家庭環境に効果を期待できる方角なので、家庭環境や家族との関係に悩みがある時に足を運んでみると良いでしょう。

[s_ad]

【まとめ】

今回は、九紫火星の人の吉方位や適職、性格、相性、運勢などについて、ご紹介しました。

生まれた時に自分の本命星は定められているため、「こんな自分は嫌だ」「他の本命星の方が自分らしい」と思ったとしても、本質には九紫火星の特徴が宿っていて、それは変えることができません。

ただし、自分の長所、短所をしっかりと受け入れて、長所を伸ばし、短所を改善することはできるはずです。
長所を伸ばし、短所を改善することで、より魅力的な人間へと変わっていくことができますので、九紫火星の方はぜひこの機会にご紹介した内容を参考にしつつ、自分自身と一度向き合ってみてくださいね。

[MobileAD_FN]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次