復讐・仕返しのおまじない

【仕返し】嫌な人(奴)を懲らしめる天罰・天誅を与える黒魔術のおまじない!【悪用厳禁】

こんにちは、管理人の凛です。

今回ご紹介するおまじないは、嫌いな人を「ギャフン」と言わせる超強力なものとなります。

嫌いな相手を懲らしめて天罰・天誅を与える黒魔術のおまじないとなる為、やり方を1つ間違えただけでとんでもないことが起こる可能性も無いとは言い切れません。

ですからどうしても嫌いな人に仕返しをして、相手に「天罰・天誅が降りかかろうと知ったこっちゃない!」と断言出来る人だけ、ここから先のおまじないを行うようにして下さい。

面白半分だったり、そこまで言うほど相手を憎んでいなかったり、もし相手に万が一のことが起こったらどうしよう…なんてまだ腹をくくれていない状態であれば、本当に嫌いな人(奴)を本気で懲らしめたいと思った時まで、おまじないを試すのは止めておきましょう。

絶対に生半可な気持ちで試さない、悪用はしないと仰る方にとっては、物凄く強力な効果を発揮する黒魔術のおまじないになること間違いなしです。

早速ご紹介していきますので、是非おまじないを試して嫌いな人を懲らしめ・天罰・天誅を与えて仕返ししてやりましょう!

自作お守りで嫌いな人に天罰・天誅を与える超強力なおまじない

パンチする女性

【おまじないで用意するもの】

①葉っぱ1枚

②黒色の油性マジック

③黒色の布

④縫い針

⑤糸

⑥少量の塩

【おまじないの方法】

①黒色の油性マジックを使って、葉っぱに嫌いな人の名前をフルネームで書きます。

②嫌いな人のフルネームを書いた葉っぱに、少量の塩を擦り付けるように塗りましょう。

③縫い針に糸を通します。

④黒色の布を2つ折りにして、縫い針と糸を使って1辺だけ残して3辺を縫い付けて下さい。

⑤1辺残しておいた黒色の布の入り口から、嫌いな人のフルネームを書いて塩を塗り付けた葉っぱを入れます。

⑥黒色の布の中へ葉っぱを入れたら、最後の1辺を縫い付けて自作お守りの完成です。

⑦完成した自作お守りに、嫌いな人の顔を思い浮かべながら再度少量の塩を振りかけて下さい。

【おまじないのポイント】

①相手に天罰・天誅を与えたい時は、黒魔術の中でもよく使用される黒色を使うことがおまじないの効果をアップさせるポイントです。

ですから黒色の油性マジックと、黒色の布を使う点だけ必ず守るようにしましょう。

用意する葉っぱや布の種類、縫い付ける時に使う糸の色などは何でも構いません。また、葉っぱの種類も問わないので、黒色の油性マジックで嫌いな人(奴)の名前をフルネームで書きましょう。

漢字・平仮名・カタカタ・ローマ字…相手のフルネームであれば、書き方は自由です。

②葉っぱに黒色の油性マジックを使って嫌いな人の名前を書き終えたら、葉っぱに少量の塩を塗り付けます。

手に付けて、擦り付けるように塩を塗るのがポイントです。

③続いて、縫い針に糸を通しましょう。用意した黒色の布を2つ折りにして、縫い針に通した糸を使い、黒色の布の3辺を縫い付けて1辺だけ入り口を残した状態にします。袋のようなものを作るとイメージして下さい。

④1辺だけ残しておいた黒色の布へ、嫌いな人のフルネームを書いて少量の塩を塗り付けた葉っぱを入れ、最後の1辺を縫い付けて封を閉じましょう。

黒色の布の中へ相手のフルネームを書いて塩を塗り付けた葉っぱを中へ完全に閉じ込めることで、嫌いな人に天罰・天誅が下るはずです。

⑤中に葉っぱを入れて黒色の布の最後の1辺を縫い付け、完成した自作お守りにも少量の塩を振りかけて下さい。

天罰・天誅を与えたいと思っているあなたの嫌いな人の顔を思い浮かべながら、塩を指で詰まんで上からパラパラっと振りかけるイメージです。

葉っぱにフルネームを書いている時、葉っぱに塩を塗り込んでいる時、黒色の布を縫い付けている時、このおまじないを行っている間は常に嫌いな人に対する怒りや憎しみを表に出しながら取り組むと、より効果の高い黒魔術のおまじないとなります。

怒りや憎しみを声に出してもいいですし、「これは嫌いなアイツだ…」と思い込みながら黒色の布に一針一針刺していってもいいですし、とにかく怒りや憎しみを思う存分込めておまじないを行うようにしましょう。

臭い物に蓋をする!嫌いな人(奴)を懲らしめる悪用厳禁のおまじない

プリントした写真を選ぶ場面

【おまじないで用意するもの】

①蓋の付いた入れ物(容器など)

②嫌いな人の写真

③赤色のペン

④スコップ

【おまじないの方法】

①嫌いな人の顔が写っている写真の裏面に、赤色のペンを使って「呪」と書いて下さい。

②赤色のペンで嫌いな人の写真の裏面に「呪」と書いたら、写真をビリビリに破ります。

③ビリビリに破った嫌いな人の写真を、蓋が付いた入れ物(容器)の中へ入れましょう。

④入れ物(容器)の蓋を閉めます。

⑤スコップを使って、土を掘って下さい。

⑥堀った土の中へ、ビリビリに破った写真を入れて蓋を閉めた入れ物(容器)を置きましょう。

⑦土の中へ入れ物(容器)を入れたら、その上から土を被せて埋めてしまいます。

⑧入れ物(容器)を埋めた場所の上に立ち、「〇〇が嫌い。〇〇が憎い」と心の中で呟きながら足で踏み付けましょう。

【おまじないのポイント】

①恋愛のおまじないなどでもよく使用される赤色ですが、使い方次第では黒魔術のおまじないにおいてもその効力を発揮してくれます。

嫌いな人を思い浮かべて赤色のペンで「呪」と書くことによって、その相手に不幸な出来事が立て続けに起こり、「ギャフン」と言わせることが出来るでしょう。

「ギャフン」なんて言うと可愛い黒魔術に思う方もおられるかも知れないですが、書く文字は「呪」です。やり方を間違えれば、とんでもないことが起こる可能性もあります。きちんとおまじないの方法を確認してから取り組むようにして下さい。

②用意する嫌いな人の写真ですが、相手が1人で写っている写真の場合はそのままで、もし他にも複数人写っている写真の場合は、その嫌いな人の顔にだけ赤色のペンを使って「〇」で囲むようにしましょう。

もし囲み忘れたままおまじないを続行してしまうと、その写真に写る他の人にまで影響を及ぼしかねないくらい、強力なものとなるからです。

③嫌いな人が1人で写っている写真ならそのまま、他の人が写っている場合は懲らしめたい相手の顔だけ赤色のペンを使って「〇」で囲む。そして写真を裏返して、同じく赤色のペンで「呪」と一文字書きましょう。

④写真の裏側へ赤色のペンを使って「呪」と書いたら、その写真を手でビリビリに破ってしまいます。嫌いな人に対する憎しみの念を込め、出来る限り粉々に破りましょう。

⑤ビリビリに破った写真を、蓋付きの入れ物(容器)の中へ入れます。

蓋が付いているものであれば、どんな入れ物でも構いません。ジャムなどのビンでもいいですし、蓋を開けて飲むタイプの缶コーヒーの容器なんかで代用しても問題ありません。必ず、中へ念を閉じ込めておく意味でも蓋の付いたものを使うようにして下さい。

⑥ビリビリに破った写真を入れたら、入れ物(容器)の蓋を硬く閉めましょう。上記でも述べた通り、中に念を閉じ込めるので外へ出て行かないように、しっかりと蓋を閉めるようにすることが大切です。

⑦入れ物(容器)の蓋を完全に閉めたら、土のある場所へ行きます。スコップを使って入れ物(容器)が入るくらの深さの穴を掘ったら、そこへ入れ物(容器)を入れて下さい。

堀った穴へ入れ物(容器)を入れたら、土を被せて埋めてしまいましょう。

⑧嫌いな人が写った写真の裏面に、赤色のペンを使って「呪」と書く→写真を出来る限り粉々になるように破る→入れ物(容器)の中へ入れる→蓋を閉める→スコップで土を掘る→堀った穴の中へ入れ物(容器)を入れる→上から土を被せて埋める。

ここまで終えたら、埋めた後の土の上に立ちます。その上で、「〇〇(嫌いな相手の名前)が嫌い。〇〇(嫌いな相手の名前)が憎い」と心の中で何度も何度も呟いて、相手を踏み付けるイメージで土の上で地団駄(激しく地面を踏み付ける様)を踏んで下さい。

大切なことなのでもう一度だけ記載しておきます。このおまじないは、相手の顔が写った写真に赤色のペンで「呪」と書いてビリビリに破って蓋し、更には土の中へ埋めてその上で憎しみを込めて土を踏み付ける黒魔術のおまじないです。

超強力である反面、それだけやり方を間違えれば危険を伴うこともあるということ。ですから正しい方法で悪用厳禁で取り組むようにしましょう。

カンタンに出来るのに仕返し効果抜群な黒魔術のおまじない

水色 ペン

【おまじないで用意するもの】

①ペン

②あなたの利き手

③嫌いな人が住んでいる家の方角を知る

【おまじないの方法】

①ペンを使ってあなたの利き手の手の平に、「〇〇に天罰が下る」と書きます。

②嫌いな人が住んでいる家の方角に向かって、利き手を差し出して下さい。

③文字を書いた手の平を「パー」の状態にしたまま、「〇〇に天罰を与えたまえ!」と3回声に出して唱えましょう。

④3回唱え終わったら、利き手に書いた文字を洗い落とします。

【おまじないのポイント】

①まずこのおまじないでは、あなたの嫌いな人が住んでいる家の方角を知る必要があります。あなたの自宅から見て、相手が住んでいる方角です。

利き手の手の平に使用するペンは、何色でもどんなものでも構いません。ただし、おまじないの最後で洗い落とす必要がある為、油性ペンは避けた方が良いでしょう。

あなたの手の平に文字を書く時、相手に対する憎しみの念が込められます。それを洗い流さずにあなたの身体に残しておくと、その憎しみの念が悪い念へと変わってあなた自身に負のオーラが付着してしまうからです。

この点だけ注意すれば、嫌いな人に天罰を与える効果抜群のおまじないとなります。

②ペンを使い、あなたの利き手の手の平に「〇〇(嫌いな相手の名前)に天罰が下る」と書きます。

利き手に書く=利き手じゃない方の手で文字を書くことになりますが、文字は汚くてもきちんと相手に対する憎しみを込めながら書けば効果は抜群です。

③あなたの利き手に文字を書いたら、嫌いな人が住んでいる家の方角に向かって立ちます。

文字を書いた利き手を前に出し、手の平を広げて「パー」の状態にしましょう。

そのまま手の平を「パー」にした状態で、「〇〇に天罰を与えたまえ!」と力強く3回唱えます。「大っ嫌いだ!!」といった感情を全面的に表に出すイメージで、3回とも力強く言い放ちましょう。

④相手の家の方角に向かって力強く3回唱え終えたら、手の平に書いた文字をしっかりと洗い落として下さい。

上でもお伝えした通り、あなたの手の平に文字を書くことで憎しみの念を込め、それを相手の家の方角へ向かって放出します。手の平に残った憎しみの念をきちんと洗い落とさないと、あなた自身に負のオーラがまとわり付くからです。

嫌いな人(奴)に見立てた紙人形を燃やして天罰を与えるおまじない

炎

【おまじないで用意するもの】

①紙

②ペン

③ハサミ

④ライターやマッチなど、紙を燃やす為のもの

【おまじないの方法】

①用意した紙に、ペンを使って嫌いな人の名前を書きます。

②嫌いな人の名前を書いた紙をハサミで切り、人の形を作りましょう。

③人の形に切った紙に、嫌いな人にどんな不幸な出来事が起こって欲しいかを書きます。

④近くに火が燃え移る物がないことを確認して下さい。

⑤「私(僕)は、〇〇に天罰が下ることを心から嬉しく思う」と一言言いましょう。

⑥言い終えたら、人の形に切った紙にライターやマッチなどを使って火を付けて燃やします。

【おまじないのポイント】

①用意する紙・ペン・ハサミ・ライターかマッチは、どんなものでも問題ありません。全て自宅にあるなら、それを使うと良いでしょう。

②紙の上にペンを使い、嫌いな人の名前を書いて下さい。フルネームでなくとも、あなたがその相手を呼ぶ時に呼んでいるあだ名などでも構いません。

③嫌いな人の名前を書いたら、ハサミを使って紙を人の形に切って下さい。

最初に書いた相手の名前が、切れてしまっても大丈夫です。紙に相手に対する怨念を込める為に名前を書いたので、既にあなたの怨念は紙全体に浸透しています。ですから上で書いた相手の名前が全て入るようにカットする必要はないので、頭・両手・両足の付いた人の形に切るようにしましょう。

大きさは問いませんが、次に相手にどんな天罰が下って欲しいかを書く為、あまりに小さすぎると書きづらいかと思います。

④紙を人の形に切った後、その人型の紙に相手にどんな不幸な出来事が起こって欲しいかとを書いて下さい。「こんな天罰が下ればいいのに!」と思うようなことを、書きます。

必ずしも1つである必要はありませんが、少しづつちょっとした天罰が下るのではなく、何か1つでいいから超強力な天罰を与えたいと思うのであれば、書くのは1つだけにしておきましょう。

⑤人の形に切った紙に、嫌いな人に起こって欲しい天罰を書き終えたら、「私(僕)は、〇〇(嫌いな相手の名前)に天罰が下ることを心から嬉しく思う」と1度だけ言って下さい。

あなたの心の奥底に少しでも相手に対する「情」がある場合、効果が薄れてしまいます。ですからこれは、その自分でも気付かない相手に対する「情」を捨て、怒りの念だけを込める為だと思うと良いでしょう。

⑥情を完全に消し去ったら、近くに火が燃え移るものがないことを必ず確認して下さい。洗面台やシンクの近く、大きめの灰皿の近くや外など、安全を確かめた後で人の形をした紙にライターやマッチを使って火をつけて下さい。

完全に灰になるまで燃やし切る必要はないので、火を使うのが不安な人は少し燃えた時点で火を消してしまっても大丈夫です。

あなた自身に何か起こってしまっては元も子もないので、火の扱いにだけは注意しておまじないを行うようにして下さいね。

まとめ

嫌いな人に対するあなたの憎しみや怒りは「恨み」となり、その恨みが強ければ強いほど、「呪い」と同等の力を発揮してくれます。

恨んだり恨まれたり、呪ったり呪われたり…本当はよくないことだと分かってはいても、所詮は赤の他人同士。全てを分かり合えるはずがないですし、合う・合わないがあって当然のことだと思います。

だからといって、嫌いな人のことを考えて怒りが込み上げ、マイナスオーラを背負ったまま日々生活していると、あなた自身の幸せまでもが遠のいて行ってしまうのです。

相手に対する怒りや憎しみから生まれたマイナスオーラを消し、プラスオーラを取り込んであなた自身が幸せな日常生活を送る為にも、時には黒魔術を使ったおまじないで相手に仕返しをして、スッキリするのも良いでしょう。

無論、超強力で一つ間違えればとんでもないことが起こってしまう可能性もあるのが黒魔術ですから、私も安易に誰彼構わず試して下さい!とは言えないのが正直なところです。

冒頭でもお伝えした通り、面白半分で行うのは止めましょう。

嫌いだけど呪いたいほどの相手ではないのなら、おまじないを行う前にもう一度自分の気持ちを確かめてみましょう。

それでも本当に嫌いな人を懲らしめ・天罰・天誅を与えたいと本気で思っているなら、今回ご紹介したおまじないを是非オススメしたいです。

関連記事

  1. 魔術書

    復讐・仕返しのおまじない

    【効果絶大】嫌いな人・許せない人を不幸にする黒魔術を使った呪いのおまじない!

    こんにちは、管理人の凛です。心無い言葉を吐いてくる同級生、同僚…

  2. 魔法
  3. 呪いをする女性

    復讐・仕返しのおまじない

    【浮気】彼氏や彼女が浮気!許せない!制裁を与える復讐のおまじない方法!

    こんにちは、管理人の凛です。一方的に振られてしまったり、ケンカ…

  4. otosiana

    復讐・仕返しのおまじない

    【許せない憎い相手を不幸にする】バチを当てるおまじないの方法

    こんにちは、管理人の凛です。今回ご紹介するおまじないは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

  1. 出会い
  2. 子供の長靴と泥
  3. 浮気 男女
  1. 言霊

    言霊とは?人生を変える力を持つ言霊のパワーや意味・効果を徹底解説
  2. 縁結びのおまじない

    【縁結び】理想の出会いを呼び寄せ、素敵な恋に発展する良縁のおまじない
  3. guardian angel

    天使と悪魔

    守護天使とは?誕生日から知る自分の守護天使の調べ方
  4. 占い師イメージ 女性

    霊能者

    本物の霊能者を見分ける方法★依頼・鑑定前にチェックすべき5つのポイント
  5. 縁結びのおまじない

    効果抜群!自分好みの年下彼氏・彼女ができるおまじないの方法
PAGE TOP